適応障害と診断されたら早急に対応することが重要です!

製造業に勤めて28年、内14年間現場で機械加工。

この頃は日々充実感でいっぱいで、忙しいときなど休日返上も不満なし。

その後14年(2017年4月25日まで)事務所でデスクワーク。

事務所に入るのはイヤだったので断っていたが、半強制的に異動。

会社なので従わないといけないことだけど、イヤで仕方ありませんでした。

仕事内容は、2010年頃から一人で、見積もり、受注、設計、作図、特殊型の完成後の試し、工程管理。

日々ボディーブローを受けてるようなストレスを感じていました。

電話対応も多かったので、仕事は捗らないし。

2012年、どうにも一人では限界なので、一人部下を付けてくれるよう社長に交渉。

自分としては切羽詰まった状態なので、現場から誰でも良いので一人事務所に入れてほしいと話しましたが、海外とのやり取りもあるので、最低英語が出来る人を募集するということになりましたが、なかなか決まりません。

2年掛かりました。

限界を感じての2年は長いです。 地獄のような日々でした。

2014年4月から大学新卒の男の子が入社。

当然何も知らないので、少しずつ教えていくわけですが、忙し過ぎて時間がなかなか取れず、十分に教えることが非常に困難な状況。

余計ストレスが溜まる一方。

そして、その年の8月のある日、朝6時半出社、玄関のカギを開けるもドアが開けられない。

開かないのでなく、ドアノブに手を掛けるも、開くことが出来ない。

おかしい・・・。 何か おかしい・・・。

そのまま帰宅。

メンタルクリニックに連絡し、予約を取る。

運良く、翌日の診察。

結果、適応障害。

とりあえず1週間の休職。

1週間休んで、様子を見て、大丈夫なようであれば出社。

長く休むわけにもいかないので1週間だけ休んで復帰しました。

本当は この段階で現場への異動(復帰)が叶えば良かったのですが、そう簡単にはいかず。

私の主な症状は

①イライラ感が強い。 ほんのちょっとしたことでも すごくイライラします。

②不安感が強く出る。 納期遅れ、納期短縮依頼、クレーム再製作等・・いろいろ問題が出るたびに、以前に比べると不安感が強く出るようになったと感じます。

③不眠。 眠れないというより、眠りにつくのは早いけど、中途覚醒します。

11時頃寝て2時~3時には目が覚める。

それも ほとんど仕事の夢で。

一旦目が覚めると もう眠れないので朝までそのまま布団に入って目を閉じてるだけ。

寝不足なのだけど、日中眠くなることはありませんでした。

忙しいせいもあり、眠気を感じる暇もないってこともあるかと思いますが、交感神経が活発だったのかもしれないですね。

④月曜日が憂鬱。休日前の金曜日は元気!

たまに仕事中、体調不良を感じて、早退することもありましたが、タイムカードを押して、会社から出た瞬間、体調不良改善!! 何ともない。(笑)

ストレスから解放されたからでしょうね。

これも適応障害の特徴かと。

⑤何故か狭い空間に大勢人がいる場所が苦痛になりました。

それまでは そんなこと無かったのが、ある日、会社の忘年会で、そこにいるのが やけに窮屈感を感じると共に、とにかく早く その場から出たい衝動にかられて、頻繁に席を立っては少し外に出る。

これが一回きりではなく、慣れ親しんだ人の集まりでも苦痛になるし、狭いと感じる場所に大勢の人がいる所が苦手です。

すぐ外に出ますし、場合によったら そこに入らないこともあります。

コンビニに入るのも多少緊張します。

適応障害になると、出来るだけ早く環境調整をすることです。

また、5年後には40%以上の人が ” うつ病 ” になると言われてるそうです。

いきなり来ますので、日々ストレスを感じている人は要注意です!!

↓↓↓クリックしていただければ嬉しいです☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク