足裏の基本ゾーン

理想は毎日、昨日の記事『セルフリフレクソロジーの前の注意とやり方の基本』のやり方で、チャート図にある全てのゾーンとふくらはぎを揉むことをお勧めします。

1箇所5回ずつ揉んで片足約20分です。

これを2巡ずつ両足で40分。

時間がない場合は下図の基本ゾーン(副腎、腎臓、輸尿管、膀胱)と、ふくらはぎのマッサージだけでも良いです。(左右の足を揉みます。)

時間にして5分程度でしょうか。

人差し指と中指の間を かかとに向って押し進めると山を上り、下がるところがあります。

下りきったところ辺りが腎臓で、その少し内側が副腎です。

副腎は、足つぼ棒でグリグリ押して揉みます。

腎臓、輸尿管は足つぼ棒をグッと押し込んだ状態のまま、押し下げるように揉みます。

膀胱もグリグリ揉みですね。

ゴリゴリしてる感じがあれば、それが老廃物ですので、それを潰し流すようなイメージで揉んであげると良いです。

基本ゾーンに疲労が溜まると様々な体調不良を引き起こします。

体調不良なとき、この基本ゾーン+ふくらはぎを揉み込むと解消したりします。

気になる部分、例えば目が疲れてるときには、目のゾーン+基本ゾーン+ふくらはぎを揉みます。

老廃物は尿と一緒に排泄されるので、足裏を揉んだあとは500ml の白湯を飲んで、出来るだけ早く排泄することが効果的です。

昨日も書きましたが、白湯は一気に飲まなくても、30分位掛けて飲めば良いです。

*クリーム『馬油(ばーゆ)がお勧めです』の使用をお忘れなく。

*必ず左足から始めてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク